メニュー 閉じる

勤務表作成するだけで様式9の夜勤兼務計算ができる(病院向け)

excel勤夢表から様式9書式へ自動転記するだけで、面倒だった総夜勤表示が同時に表示できるようになりました

病棟に応援に来る「手術室」や「外来」の看護師さんの「兼務夜勤」の集計ができるようになりました

病棟勤務を兼務する記号を5つまで設定でき、兼務先に応援に行く部署も5部署まで登録できます

例えば・・・

外来勤務のA看護師が病棟に日勤で応援に行く場合や夜勤を臨時に担当するなどの場合、本来の外来「日勤」勤務でも「夜勤帯の勤務」がある場合は「様式9」の総夜勤欄に計上する必要があります

病棟だけの様式9ならまだ「しかたない」ですが・・兼務が発生すると兼務者の勤務と夜勤時間を確認して様式9に登録しなければなりませんでした

作業時間は勤務表を作成するだけ

1日でも応援に行った場合は、様式9に「病棟で勤務した時間」以外の外来「日勤」の夜勤時間を「総夜勤時間」に自動的に転記します

兼務先に応援に行く部署(上の場合は外来)は5部署まで指定でき、指定していない部署は通常通り夜勤帯、日勤帯総夜勤時間が表示されます

【勤務表の状態】赤枠が兼務記号

【様式9の状態】黄色が兼務時間

 

逆に病棟から救急外来に応援に行った場合は、時間調整シートに応援時間を登録することにより病棟夜勤時間から差し引かれます

上記機能付きexcel勤夢表を公開しました

勤務表体験(様式9兼務対応)矢印←ここからダウンロードできます

※計算式はコメント処理してあります

 

お問合せ以下からお願いします